編集後記 残暑なんかに負けないぞ!

今年の夏はコロナ禍で「特別な夏」になってしまいました。そのような中で次の文章を読む機会がありました。

「人口が減っても、地域は簡単になくならない。だが、小ネタが尽きると、あっという間に地域は衰退する」【『地域の危機・釜石の対応』東大社会科学研究所編】

文中の地域にある「小ネタ」とは何だろうかと考えてしまいました。

江府町での春夏秋冬の生活や自然・文化の一部として潜在している、無理のない、ちょっと楽しく、参加したくなる、土を払えば見えてくるものの集積なのでしょうか。

こうふのたよりには私が思い描く少し磨いた「小ネタ」の記事が掲載され、読むたびにほっこりとします。〔リリー・ウエル〕

第40号【表紙】
Instagram
RSS
Follow by Email